社内or社外?講師はこう選べ

社内講師は社内に関することだけ

社内のことを詳しく知っているのは社内の人間だけです。そのため、社内に関することは社内講師がいいでしょう。特定の分野に詳しい社員に社内講師として研修をさせるということはありますが、その社員は教えるプロではありません。そのため研修を受けてもよくわからなかったとか、十分に理解してもらうことができない場合もあります。そうなってしまうと、研修の意味が無くなりまうのです。ただ、社内講師は社内のことであれば、詳しく教えることができます、社内について社員に教えることがある時に有効に活用するといいでしょう。個人情報の取り扱い方、取引先との付き合い方など、それぞれの会社で決めているルールを、周知徹底させる時などには社内講師は役に立ちます。

社員の成長を願うなら社外講師

社外講師は教える専門家ですので、社員の成長を助ける役割を担ってくれます。研修内容もそうですが、マニュアルがしっかりしているという点はメリットです。他の会社で成功している教え方をするので、失敗が少なくなります。そのようなノウハウがあるのが社外講師の強みでもあります。社員に特定の分野で成長してほしいと願うのであれば、その分野の社外講師を雇う方がいいです。また、社外講師について事前に調べることができるので、自社に合う社外講師を選べるのも利点です。評判や口コミなどをしっかりと把握すると、どの講師が向いているかが分かります。評判のいい社外講師と言うのは調べればすぐに分かりますので、下調べをするといいでしょう。